ようこそ、このページはサンプルです。pukiwiki.ini.phpを上書きしてくださいね。

お知らせ

当院の特徴

当院では、痛み専門治療のペインクリニック・整形外科、内科・アレルギー科、ガンに対する自己活性化リンパ球療法を行っています。

-最近、オゾン療法を開始しました。

オゾン療法は多彩な活性化効果を発揮します。

オゾンを医療に応用したオゾン療法は、50年以上も前にドイツで開発されています。オゾンには、老化と共に低下してくる身体の様々な機能を回復させる効果があります。オゾンガスは、炎症を抑えてくれる作用が強く、単に鎮痛作用だけでなく再生作用があるので、傷んだ部分の修復に期待できます。
1. 抗炎症効果
2. 鎮痛効果
3. 組織再生効果

投与方法
オゾンガスの濃度を低くして、5~10ml量のオゾンガスを筋注~皮下注、関節腔に投与します。
事前に生食水で希釈したキシロカイン麻酔で前処置するのも良いと言われ、投与回数や期間は、急性期と慢性期で異なるが、数回の治療で著効することが多いです。

適応症
• 肩関節周囲炎
• 頸椎へルニア
• 腰部椎間板ヘルニア
• 股関節痛
• 運動後の筋肉痛
• 重度の肩こり
• 変形性膝関節症

自費診療となります。

部位、投与方法により値段が変わります。

例1) 頑固な肩こり: 両肩に1か所ずつ(計2回) 2,160円
例2) 膝関節の注入 1回10ml 2,160円、両側では3,240円
例3) 仙骨からの注入1回10ml 3,240円

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional